バーミヤン&ジョナサン

働くために

名刺を出す手

弁護士の求人は多くありますが、弁護士になるのは簡単ではありません。資格を取得するために、司法試験に合格する必要があります。それに合格したら、司法修習を約1年間受け、司法修習考試に合格して初めて弁護士になることができます。

国際

案内する女

弁護士の求人はありますが、国際弁護士という求人はありません。その理由は、国際弁護士という資格や職業は無いからです。実際には肩書だけなのです。海外の弁護士資格を持っている人が、国際弁護士を意味していることが多いです。

高卒で働く

面接中

弁護士になるためには、大学に行かなければいけないと思っている人も多いですが、高卒でも弁護士求人に応募することは可能です。司法試験予備試験に合格したり、法科大学院を終了して司法試験に合格したり、などの方法があります。

女性が働く場合

コールセンターの女

女性が求人を探す際は、結婚しても働けるか、子育てしながら働けるかなどを確認した方が良いです。弁護士の場合は、結婚したからといって会社を辞める人は少ないです。しかし、結婚を機に事務所を移動する人はいます。

業務の流れ

説明する男

サラリーマンの求人は、出勤時間が決められてこなす業務も決められていることが多いです。しかし、弁護士の場合は厳格な出勤時間は決められていないことが多いです。企業や事務所によっては遅めに仕事が始まることもあります。

仕事

スマホを見る女

弁護士の求人内容は、法律の専門家として、トラブルの対応や予防をするものです。人によっても得意の分野は違っていて、民事事件解決をメインとしている人もいれば、刑事事件をメインに扱っている人もいます。

魅力

キーボードと手

弁護士求人には多くの魅力があります。その1つが、世の中の自由を守ることができ、正義を実現させることができるというものです。
胸につけるバッジは、ひまわりと秤があります。これにはそれぞれ意味があります。ひまわりは自由と正義の意味で、秤は公正と平等の意味があります。
このバッジが表している通り、人々が平等で公正な扱いを受けられるようにサポートをします。また、自由と正義を実現させる仕事なのです。
弁護士の働き方は、様々あります。事務所に勤務することもできますし、独立開業することもできます。また企業に属したり、公的機関に勤務したりすることも可能なのです。
勤務先によっても、求人内容は異なるので、自分の性格に合った場所で働くと良いです。
勤務先は様々ありますが、どの勤務先でも求人内容は専門職です。自分の判断や基準で、仕事を進めていくことができます。
そのため、自分自身の評価として直接現れやすいので、やりがいは非常にあります。

弁護士の求人は、法律を用いて社会正義の実現の貢献する、という基本理念があります。このような理念があるのですが、実際には幅広い仕事内容なのです。
求人によって、それぞれ魅力は異なります。
企業に深く関わり、ビジネスの醍醐味を味わうことができたり、公益弁護活動を行い苦しんでいる人を助けたり、学生に講演会で法律を教えたり、とそれぞれ仕事内容は異なっていて、それぞれに魅力があるのです。
各分野で専門性のスキルをつけなければいけませんが、自分の性格や興味を合わせて働くことができます。
このように弁護士の求人と一言で言っても、勤務先によっても魅力、仕事内容は大きく違うのです。